« 2017年8月 | トップページ

2017年9月 1日 (金)

緊張の夏

裏庭に藪があるので、日中も作業場に薮蚊が出る。

私はもともと酒飲みで汗かきゆえ、二酸化炭素に誘引される蚊の餌食である。
RH+ A型の血液を、無遠慮に奪っていくのである。
もとより血の気が多いから、血液を奪われること自体に文句があるのではない。
問題は、ヤツらが自らの麻酔によって残してゆくかゆみである。
さされた跡の膨らみに恨めしく爪で×印をつけてもやるせないだけである。
怒り心頭に発した私は近所のドラッグストアで昔懐かしい蚊取り線香を購入。
ご存知のとおり渦巻きが抱き合わせとなり、二枚がつながっている。
せっかちな方は、双方をひきはがそうと躍起になって中途半端に砕け散った経験をお持ち
でしょう。
ペケである。
二枚組みをひきはがすコツは中央部を少し指でずらしてやり、片側の中央部のみをつかん
で、水平上下に小刻みに揺すってやるのである。
慣性の法則に従い、やがて二枚は独立した渦巻きへと分離することとなる。
渦巻きの一端に火を点し、やがてたちのぼる香りはノスタルジーを伴いつつ室内を漂う。
除虫菊という植物を活用して蚊取り線香を開発したのは尾道の方だと耳にした。
当初は仏壇の線香よろしく真っ直ぐな品であったらしい。
ところが落語の廓話でもおなじみのように、いかんせん火持ちが悪い。
そんなある日。
開発者の奥方が、普段は足を踏み入れない裏の蔵に、ふとした用で立ち入った。
探し物をしているうちに、隅っこで丸まっている塊を発見する。
「なんでっしゃろ?」と近寄ると、それはとぐろを巻いたヘビであった。
「ぎょえ~!@△〇※!」
大声にびっくりして蔵に駆けつけた旦那さん。
なんや・・・ヘビか・・・アホか・・・!
そこで閃いたらしい。
とぐろを巻く螺旋状。
これこそが燃焼時間を延長させるカギとなったのである。
けど。
よう考えたら。
吉原に螺旋状の線香おかれたら・・・殺生や・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ