« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

負けず嫌い

問題山積する中、心のよりどころとなっているのがクイズ番組である。

もともとお勉強が苦手な劣等性ではあるが、世の中に出てからが真の学びであると解釈している。
「小さな鳥には大きな鳥の気持ちは理解できないという意味のことわざで、三羽の鳥が出てくる・・」
「!燕雀安くんぞ鴻鵠の志を知らんやっ!」

ロザン宇治原なんぞには負けたくないのである。

なにが京大ぢゃ。こっちは工業高校ぢゃっ!ザマアミヤガレッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

わかば

小学生の頃、しゅうちゃんという同級生がいた。

釣りに行ったり喧嘩したり楽しく遊んだ。
しゅうちゃんは父が船乗りでばあちゃんに育てられていた。
釣って来た鰯を留守であるばあちゃんの台所で手開きにしていた。
ばあちゃんの夕飯のおかずにしてあげるのだという。
ある日は学校の下校途中、墓に寄らせてくれという。
じいちゃんの墓参りらしい。
連れ立って墓前にいくやポケットから「わかば」という煙草を取り出し
自ら咥えてライターで火をつけた。
しゅうちゃんは決して不良ではない。
「じいちゃんが好きな煙草やったんや。」といって墓前に供えた。
老成した小学生だったが、そんな優しいしゅうちゃんが好きだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

What Do You Mean?

ことさらに女性の心理を読み解くことが苦手である。

久しぶりに再開した義理の妹に「あれ?少し太った?」などと悪気なく言ってしまう。
元気そうでなによりとの気持ちだけが先走って、全く女性の心理に配慮していないのである。
悪気が無いのが一番悪いらしい。
反省の毎日である。
https://www.youtube.com/watch?v=DK_0jXPuIr0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

吉本新喜劇

GWの混雑が嫌いで自宅にこもっていると、久しぶりに吉本新喜劇がテレビで流れた。

テンポのよい間合いに時折右頬をひくつかせて冷静に眺める。
思うに吉本の笑いは関西ならではの滋味に溢れる。
あぁ、この流れでいつものギャグ振るんやなと関西人なら受容できる。
関東以北の人々には理解しにくい世界だとも思う。
関西は、沢山のことを許してきた。おおらかな性質の人が多いのだと実感する。
誤解があってはならぬが、それは決して関東以北を批判しているのではない。
地理的条件なども加味して、温暖な南と違い北国ではへらへら笑ってばかりいたら命取り
になる場合も沢山あると考える。
同じ日の本の国、宇宙船地球号の乗組員である全国の方々をもってさえ文化の捉え方は
多種多様であることを痛感する。
GWが明けると、再び面倒な案件が横たわる日々となるが、極力、おだやかな気持ちで前
に進みたいものではある。
「アベシュショウガンバレ!アベシュショウガンバレ!アンポホウアンコッカイツウカヨカッタ
デス!」
全然おだやかじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

エオリア

思いついてエアコンを購入することにした。

実を申せば現在の中古住宅に引っ越してからの二十年間、エアコンの無い暮らしを貫いてきたのであった。
それというのも立地に恵まれ、市街地に近いわりに周囲は水田に囲まれるぼんやりとした環境ゆえ、窓を開けて扇風機さえ稼動させておけば十分に凌げたのであった。
それでもさすがに温暖化が加速しているのは実感していた。
一階は作業場として各種機材で場所をとるが、二階は以前の家主さんの見栄っ張りぶりが痛感できるほどにリビングがだだっ広い。
おまけに故障したままで風の出ない昔ながらの家具調エアコンが壁に置き去りにされていた。
アパートを転々としてきた身には十八畳の空間を暖めたり冷やしたりという効率の悪さは身にしみて感じる。
竹之内豊のコマーシャルではないが、私は暗くて狭いところが好きなのである。
それでも妻の更年期障害が加速していることも気になって思い切った。
エディオンに赴くと美人の担当が親身に検討してくださった。
ゴールデンウィークにもかかわらず、男前の三十代、AV男優のような逞しい青年が取り付け工事にきてくださった。
私自身も現場に赴くことが多いので、頃合をみはからってお茶の用意や、気配りは怠らない。
作業内容を眺めているうちに、自宅にある工具を使ったほうが楽に作業できるであろうと判断すれば、おせっかいながら直ぐに進言する。
結果、おせっかいではなく便利な工具によって先方の段取りは順調に進んだようだ。
試運転は20度で寒いくらいに行われた。
交換前より随分とコンパクトになった本体が無残にも壁のクロスの貼り残しを露呈する。
早速ホームセンターで似通った壁紙を購入し、えいやと貼り付けた。
今年の夏は少しだけでも凌ぎ易いとも思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »