« 五万三千円である意味 | トップページ | なにをかいわんや »

2017年4月 7日 (金)

スローバラード

学生時代、ポートピア博というイベントが仲間内で話題になり、アルバイトの貯金で合流することとなる。

アホのT、アホのKそしてアホのMOUKUNのトリオ。
神戸でいろんなものを見学してはしゃいでるうちに、やはり同郷から旅をしてる二人の美女と遭遇した。
自然な流れで意気投合した三匹と二人で、ご当地グルメや映画も楽しんだ。
チーちゃんとアキちゃん。二人とも一個上の美人さんであった。
男子校であった三人は、男同士のやりとりには慣れてたが、こと女性に対する気配りにはほとほと縁がない。
酒が入った下世話な会話の中で、彼女たちがバージンでないことを察していたものの、未熟なチェリーボーイたちには、アプローチさえ覚束なかった。
都合よく帰りのフェリーも同じ便であったため、三匹と二人で甲板に陣取る。
夏とはいえ甲板は夜風に冷えるのでアルコールと賃借毛布でしのいだ。
馬鹿な話に盛り上がるうち、ほろ酔い加減になった私は、寒さをしのぐ為に毛布に埋没した。
「♪き~の~うは くるまの~なかで~ねた あのこと~てをつないで~…」
酔いにまかせた鼻歌を気持ちよく口ずさんでいるとベージュの毛布にチーちゃんの頭が滑り込んできた。
「なに…うたってんの?」
今の私なら理解できる。
酸いも甘いも噛み分けた…といえば聞こえはいいが…。
「ねぇ…なにのうた…うたってんの?」
間近にあるチーちゃんの顔。
チーちゃんの瞳の潤い、チークを施したかのような上気した頬、ほのかなフレグランス。
少し上にあげた顎…。ほのかな吐息…。黙って閉じる瞳。
MOUKUNはやはり空気読めないボンクラである。
「ん?…べつに…?」
♪ピーッ! MOUKUNっ! 攻撃的指導っ!
チーちゃんは、その後セサミストリートのトウモロコシみたいなバート似のアホのTと付き合い始めた。
もう…いい。
過ぎたことである。
スローバラード
http://www.youtube.com/watch?v=TUVD5bUE5T4

|

« 五万三千円である意味 | トップページ | なにをかいわんや »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145037/59708979

この記事へのトラックバック一覧です: スローバラード:

« 五万三千円である意味 | トップページ | なにをかいわんや »